アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、繰り返すかゆみを伴った湿疹のことをいいます。
乳幼児期から発症し、小児期に寛解する場合もあれば、良くなることなく再発を繰り返しながら成人になってもアトピー性皮膚炎の症状に悩まされることもあります。
有病率としては小学校1年生で約17%程度、中学生になると約10%までさがり、重症度も低くなっていくことから全体的には成長とともにアトピー性皮膚炎はよくなることが多いとされています。

アトピー性皮膚炎の原因

原因は多岐に渡り、「アレルギー素因」を持った体質であること、そして皮膚のバリア機能が弱いことをはじめとした臓器の過敏な状態がアトピー性皮膚炎に関わっているとされています。

アレルギー素因とは2つの要素があり、ひとつは本人や家族が気管支喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎やアトピー性皮膚炎のうちいずれまたは複数のアレルギー性の病気を持っていることがあげられます。もうひとつがIgE抗体をつくりやすい体質であることです。
皮膚炎が悪くなるきっかけは継続した治療ができていないことがほとんどです。しかし職場や日常生活の環境が関与することもあります。
ダニやホコリ、動物の毛、その他のアレルゲン(アレルギー症状の原因物質)や温度や湿度、飲酒や、精神的なストレスも皮膚炎の状態に影響します。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の特徴として、かゆみを伴う湿疹であることや乳児では2ヶ月以上、幼児からは6ヶ月以上という長い期間にわたって持続的に症状がでることも特徴といえます。

症状が現れる場所は、額、目や口の周辺、口唇、耳の周辺、首、腕や脚の関節部、体幹などで、 乳児期、幼少児期、思春期、成人期など、年齢により症状の出る部位がかわります。

乳児では頭から皮疹が始まり徐々に四肢まで下降していきますが、幼少時には首や四肢の関節部分に、思春期以降になると頭や首、胸といった上半身で強くみられます。
重症のアトピー性皮膚炎ではかゆみに耐えられず、目をこすったりしまい白内障や網膜剥離など眼に症状を来す場合があります。

アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎は特徴的な皮疹であることから、見た目で診断をつけることができます。さらに、重症度を評価することが適切な治療をおこなうために大切です。
体表のうちどのくらいの面積に皮疹がみられているのか、ただれていたり、滲出液がでているような重症な皮疹がどのくらいあるのかといったことを評価していきます。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎は以前は治療が難しい疾患でしたが、内服などの全身療法の登場により日常生活に支障がない状態に症状を抑えることができます。
唾液、汗、髪の毛の接触、衣類との摩擦などがアトピー性皮膚炎を悪化させる要因になります。髪型や洋服の素材に気を遣うこと、洗髪料やシャンプーのすすぎ残しも気をつけてください。
皮膚を掻いてしまったときの刺激を極力へらすために爪を短くきることなども有効です。また、ダニ、花粉、動物、真菌、食物など自身にとってアレルゲンになるものが皮膚炎を悪化させるためアレルゲンを知り、適切な対策をしていくことが必要といえます。

アトピー性皮膚炎の外用療法

薬物療法の主体はかゆみと炎症を軽減することです。炎症が持続することで皮膚のバリア機能が低下しますし、かゆみにより皮膚を掻いてしまうことで、皮膚炎も悪化してしまいます。このような要素をへらすことにつながる最も重要な治療です。そのなかで、ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎の基本となる薬剤といえます。

【保険による診療】

皮膚の炎症を抑える薬:ステロイド外用療法、タクロリムス水和物軟膏療法
皮膚のバリア機能を維持する薬:保湿剤(ワセリン、ヘパリン類似物質製剤、尿素製剤等)
皮膚のかゆみを改善する薬:抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤内服
紫外線療法 エキシマライト 308nmの波長をもつ紫外線が効果的